ホンモノ志向の根っからの神戸人が集まる街 神戸元町1番街

今一押しの元町1番街の一品

今一押しの元町1番街の一品 最新記事
2012年04月24日

フルーツショップ・サンワ フレッシュな初夏のフルーツが元町に届いています!


暖かくなるとフルーツが美味しい季節です。
最近、暖かい日々が続いています。日中は半袖でも良いかも・・・water。ってぐらいです。暖かい日差しに初夏の訪れを感じますねkinoko元町1番街を歩いていると初夏を発見しましたface08フルーツショップ・サンワさんの店頭はすでに初夏が訪れていますkusa


元町1番街のアイドル、ヒロミちゃんicon11がカゴ一杯に持ってくれている夏のフルーツ達kirakira。今回は一足早く初夏の味を堪能できるとのことで、ご紹介頂きました。


スーパーマケットで見かけないフルーツも盛りだくさんです。
フルーツショップ・サンワさんは、元町の地で50年以上続くフルーツ専門店の老舗ですface06。今でも大勢の方々が“季節の味”kirakiraを求めてお店にやって来ます。今回ヒロミちゃんが持ってくれているカゴをよく見てみると、


パイナップルマンゴーと言った南国のメジャーなフルーツがありますが、良く見てみると見慣れないフルーツも数多く揃っていますface08ドラゴンフルーツマンゴスチンアボガードなど普段食べる機会が少ないフルーツも充実していますkirakira。店頭で食べ方など楽しく教えてくれるのが専門店ならではないでしょうか?
フルーツに精通している木村さんのお話では「旬のフルーツなので、ある時と無い時があります。」とのこと。まさに、店頭に並んでいる時がそのフルーツが一番おいしいタイミングだと言えますface06。この夏は是非専門店の初夏を感じて下さい。


初夏を店頭で少しつまみ食い(笑)
フルーツショップ・サンワさんの店頭では名物のフレッシュ・ジュースkirakiraがあります。「元町1番街に来ると必ず飲んで帰ります。」と言う方もいらっしゃるほどです。夏には涼を求めて大勢の方が新鮮なフレッシュ・ジュースkirakiraに舌鼓を打っておられます。


フレッシュ・ジュースkirakiraのメニューはフルーツと同じく時期によって変わりますface02。取材時には店頭に並んでいた、初夏のフルーツが早速ジュースになっておりました。フルーツショップ・サンワさんのブログにも紹介された、メロンも早速ジュースにkirakira。初めて食べるのは少し・・・とドキドキされている方は少し味見する感覚で楽しめますよ。


私達も取材中に初夏を感じさせて頂きましたface03
(写真左):生メロン
(写真右):生ミックス

ヒロミちゃんオススメの生メロンと定番のミックスジュースkirakira。フルーツ専門店が新鮮なフルーツを使って作る100%果汁のジュースは絶品ですicon06。お洒落とフルーツは季節を先取りしています。是非、美味しいフルーツで初夏を感じて下さいface03


店舗情報
店名:フルーツショップ・サンワ
住所:神戸市中央区元町通2-2-10
電話:078-391-2570
FАX:078-392-8498
ブログ:http://sanwa.ko-co.jp/
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜日





編集後記

フルーツの専門店として長年元町で愛されているフルーツショップ・サンワさん。写真はお馴染みのマチコさんface02。スタッフの方々もユニークで多くの方に愛されていますface05。少し遠いところからも美味しいフルーツを求めてやって来られる理由がお店に訪問させて頂くと実感できますkiirokinoko。どんな美味しいモノでも旬に食べないと美味しくない。とハッキリ仰るあたりが専門店ならでは。元町にお越しになったら是非店頭を覗いて下さい。“旬の一品”kirakiraを見つけることができますよ。

Posted by 元町1番街スタッフ at 12:10 食品・お酒コメント(0)
2012年04月23日

優美 初夏を華やかに彩る魅惑のエリトリック・ブルーな宝石


神戸・元町の“こだわり”をファッションに
桜が散ってから、日に日に暖かい陽気に包まれる毎日kabinkusa。本格的な行楽シーズンを迎え、初夏の訪れを感じさせてくれますface03。冬の重衣料を片付けて、春夏ファッションの準備はもう、お済みでしょうか?今回元町1番街のオススメする一品は、初夏を華やかに彩ってくれる素敵な一品ですkirakira元町1番街にあるカラー・ストーンの専門店である優美さんからはとても綺麗で少しレアなカラー・ストーンをご紹介して頂きましたface02


それが、こちら。パライバ・トルマリンkirakiraと言われるカラー・ストーンです。1982年にトルマリンの原石の中に一個の光り輝くブルーの原石が発見されたのが始まりですface08


別名“宝石の女王”。伝説の鉱山で採掘された逸品
今回、ご紹介する優美さんで扱っているパライバ・トルマリンkirakiraは伝説の鉱山と言われるブラジルのバタリア鉱山で採掘された非常に稀少なものです。現在バタリア鉱山は閉山されているので、現在市場に流通しているものだけになるので、非常に貴重なものになりますface06。現在、アフリカのモザンピークでもパライバ・トルマリンkirakiraは採掘されていますが、バタリア鉱山で採掘されたパライバ・トルマリンkirakiraは異なっており、バタリア鉱山で採掘されたものは非常に稀少だと言われている要因にもなっています。


今回の取材で実際に実物を見せて頂きましたface03
(写真左):アフリカ産
(写真右):ブラジル・バタリア鉱山産

比較してみるとその違いは一目瞭然でした。バタリア鉱山で採掘されたパライバ・トルマリンkirakiraは非常に蛍光性を有するのが特徴です。
 1988年からパライバ・トルマリンkirakiraは本格的に採掘されはじめて、1989年のアリゾナ州のツーソンで開催された展示会に初めて出展され、最初1キャラット80ドルであったものが最終日には2,000ドルで取引きされた伝説的な背景もあるほどです。パライバ・トルマリンkirakiraは別名“宝石の女王”と呼ばれています。


街の気軽に入れる宝石屋さん。こだわりは一味違うのが元町の魅力
今回の取材は優美さんの大屋社長、WEB担当の岡本様にご協力頂きましたkusa。大屋社長は
「うちは、気軽に入れる宝石屋です。」
と仰ってますが、こだわりは街の宝石屋さんではありませんface08。宝石の実用性はアクセサリーにした際、いかに身につける者を美しく引き立てるかが重要となりますface05。稀少なバタリア鉱山で採掘されたパライバ・トルマリンkirakiraを凄く魅力的に仕上げています。流石港町、神戸の元町だと実感させてくれますface02
パライバ・トルマリンkirakiraの原石はたとえ1mm程度の超小粒石にカットしてもしっかりと色が溜まっているが大きな特徴です。エレクトリック・ブルーは他の宝石をたくさん用いた製品にしあげるとより美しいと言われています。


こちらはパライバ・トルマリンkirakiraを用いたペンダント。ダイヤの輝きの中で、エレクトリック・ブルーの輝きがよりいっそう引き立てられていますface05


こちらも同じくパライバ・トルマリンkirakiraを用いたリング。デザインは異なりますが、上手くダイヤの輝きとコラボレーションできていますkirakira。カジュアルからフォーマルまで使えますkinoko。神戸のファッションはセピア調の淡い色使いが好まれると言われていますので、パライバ・トルマリンkirakiraの輝きはより一層、神戸ファッションの女性を美しく引き立ててくれるはずですface05。是非一度お店に立ち寄ってそのこだわりの数々を体感してください。


店舗情報
店名:優美
住所: 神戸市中央区元町通2-6-2
電話:078-333-8000
FАX:078-325-3517
ホームページ: http://www.jewelry-yubi.co.jp
ブログ:http://yubi.ko-co.jp/
営業時間:10:30~19:00
定休日:水曜日




編集後記
宝石屋さんと聞くと、高級品が多くなかなか入りづらいと言うイメージが多いのかも知れません(笑)。優美さんはそんなイメージを払拭させてくれますkabinkusa。社長が仰っている“気軽に入れる街の宝石屋さん”でしょう。しかし港町、神戸らしいこだわりを感じることができる商品セレクトで地元だけでなく、遠方からも常連のお客様が見えられているようですface03


丁寧な接客だけでなく、優美さんの取り扱うカラー・ストーン“産地がはっきりしている宝石しか取り扱わない”と言う明確なコンセプトのもと運営されていますkirakira。数々のこだわりが元町らしいお店だと実感させてくれました。宝石も自然が生み出す芸術です。お気に入りの一品に出会えるのも運次第です。是非優美さんで自然の生み出した美しさを感じてみてくださいface03

Posted by 元町1番街スタッフ at 11:12 貴金属・時計・メガネコメント(0)
2012年04月18日

ABCカバン店 老舗人気ハンドバッグ店がお薦めする春のマストアイテム


老舗ハンドバッグ店にいち早く初夏の訪れ
今年は遅れていた桜も無事綺麗な満開を見せてくれて散り始めましたface03。桜が散ると段々気温も上昇して、夏の訪れを予感させてくれます。元町1番街を行き交う方々のファッションも段々軽やかになってきましたkabinkusa。さて、今回お薦めする“老舗の逸品“は、人気の老舗ハンドバッグ専門店ABCカバン店さんkirakiraです。さすが、ファッションを先取りするハンドバッグの専門店とあって、これからますます春めいてくる今から初夏にかけてぴったりな逸品です!


まずはこちらカンサス(VIA DOAN)のトート・バッグですkirakira。もちろんレザーの専門であるABCカバン店さんらしく、こちらのトート・バッグはステアハイド(牛革)ですicon22。上質なステアハイドを鮮やかなライトブルーで染め上げただけで一切の二次加工をほどこしていないため、まさに素上げのレザー・トートと言えるでしょうkirakira。トート・バッグと言うカジュアルなアイテムながら、もっともレザーらしいレザーの逸品ですkirakira


同素材レザーのタグが付属されていますが、そのタグの裁断面を見ると、芯染めがなされていないことが確認されますface06。これは長年愛用してあげることで、レザーが独特のエイジング(経年変化)し、新品の頃とはまた違った表情を醸しだしてくれるので、毎シーズン飽きることなく使うことが出来ますface03


女性が持つとこのような違和感のないシルエットface05。しかしながらサイズは31×34×15(cm)とA4サイズも余裕ですっぽりと入るサイズですface03。大容量のわりにコンパクトに見えるトート・バッグを探されている方には是非オススメですkusa。待ち遠しいゴールデン・ウィークのお出かけや、春の運動会などこの時期ヘビー・ローテーションになることは間違いないでしょうkinoko

シンプルだけどこだわり満載のレザーがお好きな方に

次に紹介するのは一見、通常のシンプルなメッシュ・バッグに見えるこちらface08。もちろんこちらも新作トート・バッグ。これはゴート・スキン(山羊皮)で編み上げたメッシュ・バッグ(Neutral Gray)ですkiirokinoko


バッグの全体的なデザインを印象づけるメッシュは一つずつゴート・スキン(山羊皮)を編み込んだもので、まさに職人技ですkirakira。日本の職人が持つ技術の高さはその作品に見事に表現されていますface08


バッグ内部はアオリ型になっており、多くのモノを持ち運ぶ女性にはカバンの中を整理整頓して持ち歩くことができますicon22。ユーザー志向でシンプルな見た目とは裏腹に多機能な構造になっていますface08


明るいブラウンカラーですが、メッシュがブラウンの持つ重たさを緩和し、軽やかな雰囲気を醸しだしてくれますface03。そしてブラウンの良さとも言える服装を選ばないことからコーディネートの幅を広げてくれますkuma


例えば、同じく元町1番街の老舗であり呉服専門店である神戸・元町丸太やさんにも着物姿にもぴったりなバッグと絶賛されていますkirakira。まさしく逸品と呼ぶに相応しいバッグです。
こちらのサイズは45×30×11(cm)です。

春と言えば財布。老舗ABCカバン店がオススメするのはこちら

春と言えば、春財布ですzenibukuro。お買い物する時に登場する財布も見る人に春や初夏を感じさせてくれることができれば最高ですface03。今回こちらの新作であるフリスビー(VIA DOAN)の財布は新作発表会からABCカバン店の社長がその入荷を心待ちにしていたと言われる逸品です。こちらもゴート・スキン(山羊革)ですが、薄いコルクを貼りつけた上からエナメル・フィルムで加工した逸品です。エナメル・クリーナーで定期的にメンテナンスを行うと、輝きを失わないでしょうkirakira

この春と初夏にかけてはお気軽にレザーで演出してみてはどうでしょうか?

店舗情報
店名:ABCカバン店
住所:神戸市中央区元町通1-4-12
電話:078-331-4880
ブログ:http://abc.ko-co.jp/
営業時間:10:00~18:40
定休日:第3水曜日






kiirokinoko編集後記midorikinoko
ABCカバン店さんは、確かに老舗のハンドバッグ専門店ですが、社長さんを始め、ご家族全員がレザーに精通されていますface06。また、自分たちが“本当に気に入った商品だけをセレクト”されています。店内の商品の多くが“一品モノ”であり、レザー製品は同じデザイン・メーカーであってもレザー自体も“一品モノ”であり、そう言った意味からもABCカバン店さんで取り扱っている商品は正に“逸品”kirakiraになってしまうのかも知れません。
ABCカバン店さんを訪れて、お気に入りの商品が見つかったとすれば、それは巡り合わせなのかもしれません。神戸の開港以来栄えてきた元町1番街の老舗の持つ本質は今日になっても変わらないことを感じることができるお店です。上品でエレガントなデザインかつ人と被ってしまうことを嫌う神戸ファッションを好む神戸っ子なら必ず満足できるお店だと思いますface03

Posted by 元町1番街スタッフ at 09:42 ファッション雑貨・趣味コメント(0)
プロフィール
元町1番街スタッフ
< 2012年04>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最近のコメント
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
ページトップへ